8リーグニュース

2021.7.24

第11節 試合結果

2021ssシーズン第11節はリーグA1試合・リーグB1試合・リーグC1試合・リーグD1試合の全4試合を社領スポーツ広場で開催しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ 全チーム助っ人使用データ

━━【LEAGUE-A】━━━━━━━━━━━

リーグA順位表

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スーパーボレー炸裂!

A第14戦 WEEDS vs ALONZA ( 1 - 2 )

9位ウィーズと8位アロンザという降格圏内に位置する両チームにとって正念場と言える大事な一戦を迎えました。

今シーズンのウィーズは接戦を繰り返してきているものの勝ちきれない苦しい状況にあり、1引き分けに留まっています。ここ2試合は先制点を奪いリードした状況からの逆転負けを喫しており、守備、特にDF背後へのロングボールに注意して今節に臨みます。
ここまで様々なポジションを試してきているウィーズ。今節は金子選手[31]をSBで起用。そして熊井選手[20]、林田選手[17]を本来のMFに戻してきました。

開幕2連敗が響いて下位に低迷しているアロンザは後半戦へと望みを繋ぐためにもこの試合は落とせません。中崎選手[28]・土肥選手[26]・GUESTのDFラインにDHの八尋選手[13]と藤村選手[19]が状況に応じて下がり3バックや4バックを形成する布陣。前線は1トップ2シャドーで両サイドに野間選手[21]・中元選手[16]を配置したことで西嶋選手[23]が中に入ってきています。
今節も4人の助っ人を起用したことにより助数が14となったアロンザ。残り4試合で最大11の助っ人を慎重に使っていかなければなりません。

ゲームは非常に拮抗した展開となる中、前半終了間際にアロンザが先制しました。右サイドから裏へ飛び出した野間選手が縦へ運び相手DFを完全に引きつけたところでマイナスにボールを供給。走り込んできた西嶋選手がうまくステップを合わせ放ったシュートはGK一歩も動けずGOAL!アロンザリードで前半を折り返しました。

後半立ち上がりもアロンザが両サイドを起点に攻撃を仕掛けると、相手DFのクリアボールに反応したGUEST[17]がボレーシュート。GKの手をも弾くスーパーゴールで2-0としました。
その後林田選手のゴールで1点取り返したウィーズが徐々にボールを支配し始めますが追いつくことはできず試合終了。負けてはしまいましたがシュート数ではウィーズが上回る結果となり、まずは1勝に向けて成果のある試合だったと思います。

アロンザが降格圏を脱出し5位に順位を上げたため、★★★OFCが8位に順位を落としています。リーグAはコピートが頭ひとつ抜け出した形で前半戦を終えました。

 

━━【LEAGUE-B】━━━━━━━━━━━

リーグB順位表

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

得意なGOALの形

B第28戦 WEST.Blue vs Esperanza ( 0 - 1 )

勝てば4位まで順位を上げて前半戦を折り返せるウエストブルーの対戦相手は首位のエスペランサ。今節は安永選手[18]がCB、岩田選手[68]がOH、後藤選手[6]がLWGでスタメン入りし、中村選手[1]が久々にゴールを守ります。 そしてスタメンで出場することの多い犬童選手[23]と直前にアロンザで出場した中崎選手[20]が控えに回って外から相手をスカウティングし後半に備えます。

首位を走るエスペランサのスタメンで大きな変更点はCB竹田選手[19]とアバンザールにも加入しているDH酒井選手[68]が開幕戦以来のスタメン入り。それに伴いトゲウ選手[4]がサイドバックを担います。前節欠場していた持丸選手[0]が復帰しトップ下に入り、得点ランキングトップの嶋岡選手[5]との連携に注目です。

その注目の持丸・嶋岡コンビが試合を決定づけました。前半14分、嶋岡選手が左サイドの突破から切り返しクロスをあげると、走り込んできた持丸選手にドンピシャ!持丸選手らしいゴール前へのランニングでゴールを奪ったエスペランサがリードして後半を迎えます。

後半に入って犬童選手も加わりより攻撃的になったウエストブルーが果敢に仕掛けますが、なかなかシュートまでいくことが出来ません。エスペランサはここまで5試合で2失点と守備も非常に安定しているチーム。目立つ攻撃陣の陰でDF陣の中心にいるのが平田選手[20]です。爆発力のあるウエストブルー攻撃陣を攻略し、シュート2本に抑えたエスペランサが勝利を収めました。

これで5連勝としたエスペランサが首位をキープ。2位ブチとの対決も制しているだけに、3位レックスとの結果次第では全勝優勝も夢ではありません。

 

━━【LEAGUE-C】━━━━━━━━━━━

リーグC順位表

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここぞの勝負強さ

C第20戦 Liar’s vs Cranky's ( 2 - 1 )

前節ズルマイに初黒星を喫したライアーズですが、今節勝利すれば昇格争いにつなげることができる大事な一戦。後ろの中村選手[4]・中崎選手[31]・三田選手[33]は変わらず。野口選手[18]が1試合ぶりに復帰し右SBに入ったため横尾選手[13]が1つ高い位置に、そして内川選手[12]がアンカーに着きます。前に泰川選手[10]・岩田選手[00]で左にやはり田代選手[7]という布陣。2戦目以降主軸のメンバーは変わらずスターティングメンバーが安定している印象です。

クランキーは開幕戦以来勝利から遠ざかっている苦しい状況ですが、どれも僅差の試合ばかり。持ち味である左右への展開力と前線のスピードを生かした試合運びで勝利を引き寄せたい。クランキーもスタメンが安定している印象のチーム。石川選手[21]が1試合ぶりに復帰し内堀選手[15]とともにCBを務めます。前田 瑞樹選手[31]が今シーズン初スタメン。そして3試合ぶりにエース松永裕也選手[18]がCFに入りゴールへの期待が高まります。

先制したのはクランキーでした。松永選手が仲間の期待に応える今季3GOAL目でチームを盛り立てます。リードを許したライアーズですが、その3分後にチャンスが訪れます。ハイボールにいち早く反応した泰川選手がPKを獲得すると、これを冷静に決め同点として前半を終えます。

勢いに乗りたいライアーズですが大黒柱の中村選手が負傷交代を余儀なくされ、一進一退の攻防が続いた後半18分。オーバーラップした野口選手のクロスに勢いよく走り込む泰川選手の頭上を超えたボールは、GKも超えてファーサイドへ走り込んだ岩田選手の元へ。岩田選手が頭で合わせて逆転に成功!

土壇場で勝負強さを見せたライアーズが勝ち点を10に伸ばし3位に浮上。2位トレスタとは助数3差と助っ人起用数が明暗を分けるかもしれません。Cリーグは上位5チームが接戦を繰り広げています。

 

━━【LEAGUE-D】━━━━━━━━━━━

リーグD順位表

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

FunkyなGOALで逆転

D第25戦 Fanky・K・Foot vs ELFIDA ( 2 - 1 )

昇格争いにおいて勝点3を落とすわけにはいかないファンキー。FPと二刀流の瀬川選手が久々にGKを務め、北條選手[5]・大谷選手[2]がCBに入り川畑選手[33]をアンカーにひとつポジションを上げました。他の変化点としては右サイドに百田選手[23]、トップ下に小野選手[41]がスタメン起用されています。課題の決定力不足を解消できるかが鍵を握ります。

2連敗と続いているだけに勝って巻き返したいエルフィーダのスターティングイレブンは、GKは守護神 河野選手[1]。両SBは変わらず、中隈選手[86]がCBに抜擢されています。そして前節不在だった湯野選手[10]と大島選手[11]がスタメン入りしたことで攻撃に厚みが期待できそうです。

中盤での激しいボールの奪い合いが続く中、相手の隙をついて湯野選手が縦パスを供給すると、CB間から抜け出した大島選手がゴールを沈めエルフィーダが先制!2試合ぶりのゴールにチームが活気付きます。

うまくいかないファンキーは苛立ちを見せ始めるも徐々に体が動き始めると小木曽選手[6]がオーバーラップ。ライン際を切り込んでいきクロスを上げると、このボールを小林選手が合わせて同点に追いつきます。セカンドや球際でのボール奪取を改善するとファンキーが優勢に試合を進め、後半17分、右サイドからのクロスに走り込んだ大谷選手が逆転弾を押し込み歓喜に包まれます。

なんとか勝利を手にしたファンキーは5試合終了で暫定首位に浮上しました!

 

第11節 試合結果

カテゴリー: 試合結果ニュース   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

RECRUIT

福岡市社会人サッカーリーグ加盟募集
メンバー募集
マネージャー募集
審判募集
チームへお問い合わせ
カメラマン募集
スポンサー募集

エイトリーグ福岡フォトギャラリー
福岡サッカーグラウンド一覧
ラインスタンプぶさかわいい迷彩ライオンのサッカーライフ
サッカーグッズおすすめショップ