8リーグニュース

2021.10.3

第12節 試合結果

2カ月ぶりの再開となった2021ssシーズン第12節は、リーグA 3試合・リーグB 3試合・リーグC 3試合・リーグD 1試合の全10試合を社領スポーツ広場および雁の巣Eコートの2会場で開催しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ 全チーム助っ人使用データ

━━【LEAGUE-A】━━━━━━━━━━━

リーグA順位表

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

絶対的エースへの重責

A第19戦 Marista vs Libre ( 1 - 2 )

リーグAの再開初戦は前回王者マリスタと第3位昇格リブレが当たりました。
マリスタにとっては怪我で長期離脱していた小倉選手[26]が約1年7ヶ月ぶりに復帰を果たすとともに、新加入の飯尾選手[6](愛称は”ずん”)のデビュー戦ともなった今節。小倉選手はマリスタでの得点・アシストランキングともに2位でマリスタ不動のRSB。前シーズン優勝チームのジンクスなのかここまで2勝2敗と苦境にある中、上位リブレに勝利し勢いを取り戻したい。

対するリブレは田添[8]選手、前田選手[10]、朝日選手[53]など主力選手を欠く反面、エースストライカー西田選手[14]が地元長崎から駆けつけ小原選手[92]と2トップを組みました。今シーズン西田選手が欠場した試合では負け越しているだけに、リーグ通算25ゴールのエースに期待がかかります。

試合前半、主導権を握ったのはリブレでした。西田選手へボールが入ると阿吽の呼吸で小原選手、佐竹選手[22]が攻撃のスイッチを入れます。ペースを掴んだリブレは前半7分、西田選手が左足を振り抜いたシュートは無回転でぶれながらGK前でバウンド。これがものすごいイレギュラーになりラッキーな形で先制に成功!
追い討ちをかけるように佐竹選手の右サイドのクロスから追加点をGETし前半を折り返しました。

しかし2カ月ぶりの試合に後半失速したリブレ。マリスタは反撃に出ると、小倉選手がハーフライン手前からとてつもなく強烈な弾丸ミドルシュートを放ちます。これにはGKも弾くのが精一杯。こぼれ球を小林選手[17]が押し込んで1点返します。しかし反撃も1点に留まりリブレの勝利。

今季、エース西田選手の出場する試合勝率100%のリブレがマリスタに勝利したことで暫定3位に浮上しました!

 

BLUEダービー

A第32戦 ALONZA vs べべドール ( 1 - 1 )

ホームユニフォームがお互いに青白青であり、スター軍団と呼ばれるチーム同士が初顔合わせとなったBLUEダービー!試合は終始激しいせめぎ合いとなりました。

アロンザは前節WEEDS戦からスタメンを6人変更して試合に臨みます。メンバーが集まらないときには元野球部やラグビー部の友人を招集するという一面も持っているアロンザ代表の八尋選手[24]ですが、今回はつい先日東福岡高校サッカー部を引退したばかりというほぼ現役スーパーGUESTを招集してきました。

べべドールは前節TNFC戦から5人のメンバー変更をして試合に臨みます。今節も5人の助っ人を起用したことにより、今シーズンは残り3人までしか助っ人を出場させることができないべべドール。マリスタとリブレから強力な助っ人を集めただけに今季初勝利に期待がかかります。

一進一退の攻防が続いた前半を終え、後半は両チームともに2枚目からの抜け出しで果敢に相手DFラインの背後を狙います。互いにチャンスを作り出しますが気迫のディフェンスで一歩も譲りません。
しかし後半17分、べべドール久田選手がセンター付近でボール奪取に成功すると、抜け出した工藤選手[7]がGKとのデュエルを制しGOAL!またしても久田選手が絡む見事なショートカウンターで先制点を上げました。

べべドールイレブンが歓喜に包まれる中、諦めていなかったアロンザが反撃に出ると高校生の鮮やかミドルシュートがサイドネットに突き刺さり同点。相手選手も拍手を送るほどの素晴らしいシュートにGKはノーチャンス。

互いに残留を見据えた戦いは勝ち点1を分け合う形となりました。この試合を終えてべべドールの温かさとレベルの高さに引き込まれたRENTALの小倉選手は加入を希望!次節から正式に登録選手として出場することとなりました。

 

━━【LEAGUE-B】━━━━━━━━━━━

リーグB順位表

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4年ぶり因縁の対決

B第18戦 BUCHI vs TAKAO ( 1 - 0 )

2014年のエイトリーグ創設時から所属するブチとタカオ。両チームは2017AWシーズンAリーグでの試合以来、4年ぶりの対戦です。ここまで5度の対戦では3勝1分1敗とブチが勝ち越している。

ブチは新加入2選手がスタメン入り。得点ランキング上位に着ける椿選手[11]のゴールが期待されます。タカオはチームの大黒柱井上選手[15]の不在に加え、7名が初出場および助っ人という状況。ブチ3名、タカオ1名の遅刻により8名対10名でキックオフを迎えることとなりました。雁の巣レクリエーションセンター内でのコート間違いは”エイトリーグあるある”かもしれません!

試合はブチが優位に展開していくも、タカオの鬼気迫る守備になかなかゴールを奪えません。それでも慌てずに攻め続けたブチは後半18分に右サイドを崩すと、矢野選手[8]のクロスに椿選手が合わせてゴールを奪いました。ラストワンプレーでタカオにもビックチャンスが訪れますがGKに阻まれ試合終了。

勝利したブチは昇格に向けて順調に勝ち点を重ねています。1ゴールの椿選手ですが、別会場のエスペランサ嶋岡選手[15]も同様に1ゴールだったため1位タイとはならず。激しい得点ランキング争いは続きます。

 

エスペランサ6戦快勝!

B第30戦 RED.P vs Esperanza ( 0 - 3 )

3位レックスと首位エスペランサとの注目の上位対決が行われました。レックスが自力優勝を目指すためにはまだ黒星のないエスペランサとの直接対決を制することが必要条件となります。

久々にGLAYユニフォームを着用したレックスは6名の新加入選手がスタメン入り。エスペランサは持丸・長岡・潮崎・嶋岡の超攻撃的オフェンス陣が揃い、迎え撃つ準備は万端です。

試合が始まってみると、2ヶ月のブランクが仇となり動きの重いエスペランサに対しレックスが良い立ち上がりを見せます。しかしゴールを奪えないまま前半を終えると、徐々に体が動いてきたエスペランサが後半から一気に反撃にでます。

GK矢渡選手[1]のキック1本で相手DFラインの背後を取ったエスペランサが後半に入り瞬く間に3GOAL!1試合でGKが2アシストの快挙達成とともに、嶋岡選手[5]がこの日もゴールを挙げたため得点ランキングトップをキープ。

リーグB首位を独走するエスペランサの快進撃は止まらない。エスペランサは残り3試合、全勝でリーグAに乗り込むのか、エスペランサに待ったをかけるチームが現れるのか、今後の試合にも目が離せません。

 

━━【LEAGUE-C】━━━━━━━━━━━

リーグC順位表

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

勝利に導く方程式

C第24戦 Cranky's vs COYOTE ( 2 - 0 )

2018年に設立されたクランキーとコヨーテ。2019AWリーグDではコヨーテが3位で好成績を残したものの、直接対決では1-0でCranky'sが勝利しています。

クランキーの得点はおよそ半分が松永裕也選手[18]と木村選手[10]によるもの。今シーズンまだ1勝に留まっているだけに、ストライカーの活躍に期待がかかります。

コヨーテは今年度から新社会人となり就職を機にチーム編成が変わった中、今シーズンチームの得点源となっているのが泊選手[17]で全8得点中6得点に絡んでいます。スピードに乗ったサイドでの突破力が魅力的な選手で、コヨーテの勝敗を左右するキープレイヤー。

試合は木村選手によるGKも反応できないクロスバー直撃弾を含む2GOALでクランキーに軍配が上がりました。

 

熾烈な上位争い

C第31戦 SilverGull vs Tra-sta ( 2 - 5 )

リーグC首位シルバーガルと2位トレスタとの上位対決。

幸先の良いスタートを切った2021SSだったが、前節のコヨーテ戦で今シーズン初となる引き分けを味わうことになったシルバーガル。立て直しを図りたいタイミングでのリーグ中断がもたらす影響はいかに。

首位を追うトレスタは毎試合安定してメンバーが集まるチームの安定感が強み。またリーグ中断期間中も各所で活動しており、再開初戦においては大きなアドバンテージとなること間違いなし。

先制に成功したシルバーガルでしたが、運動量で上回るトレスタ相手に苦戦を強いられます。先制されたトレスタは2分後に同点弾を決めると一気に流れを掴み、5-2で勝利を収めます。助っ人数の差で首位陥落とはいかなかったものの、大混戦の上位争いとなる予感。

 

━━【LEAGUE-D】━━━━━━━━━━━

リーグD順位表

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

CKで2連続GOAL

D第27戦 エリア伊都 vs Ex.Atlas ( 4 - 1 )

リーグD優勝に向けて、ここまで無敗の首位エリア伊都が3位エクスチェンジアトラスを迎え撃ちます。

前半立ち上がりから前線でのプレッシングを仕掛けるエリア伊都は組織的にハメながらロングボールを蹴らせます。対するアトラスも平川選手[9]にボールを集め攻め手を模索しますが、なかなか攻めきれない時間帯が続きます。

すると前半10分、コーナーキックを獲得したエリア伊都は、友松選手[17]の供給したボールに田口選手[3]が高い打点で合わせて先制。勢いに乗ったエリア伊都はCKから再びゴールを奪うなど4-1で快勝し首位を死守しました。

 

第12節 試合結果

カテゴリー: なし, 試合結果ニュース   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

RECRUIT

福岡市社会人サッカーリーグ加盟募集
メンバー募集
マネージャー募集
審判募集
チームへお問い合わせ
カメラマン募集
スポンサー募集

エイトリーグ福岡フォトギャラリー
福岡サッカーグラウンド一覧
ラインスタンプぶさかわいい迷彩ライオンのサッカーライフ
サッカーグッズおすすめショップ